沖縄で脱毛するなら日焼けに気をつけよう!部屋のなかにも紫外線は入ってくる

沖縄県内の紫外線は、本土のなんと「2倍」もの量が降り注いでいます

紫外線にあたると、皮膚の表面は日焼け状態に。
その上から光脱毛の施術をしてしまうと、肌の炎症や肌荒れの原因になってしまいます。そのため、光の種類やサロンによっては脱毛を拒否されてしまうケースも

紫外線対策では、外出時のUVクリームが一般的ですが、室内にいるときもケアは必要です。なぜなら紫外線は2種類あり、窓際から入ってくる紫外線にも注意が必要なんです。

そんな紫外線について、もっと詳しくみていきましょう。

沖縄で脱毛するなら知っていたい!紫外線対策はナゼ重要なのか

脱毛するなら紫外線対策は大切
脱毛でもっとも効果を実感しやすいのは、「色が白く毛が濃い人」

しかし、どんな光脱毛でもメラニンに反応します。そのため肌色が黒いと、脱毛時の照射熱を弱めなければいけないため、毛へのアプローチが弱くなってしまうのです。

さらに、日焼けをしたての肌表面は紫外線からの刺激により、炎症状態にあります。
そのためSHR以外の光では、照射してしまうと肌へのダメージが大きいため施術ができないという状態になってしまうのです。

そのため早く脱毛を完了させたいなら、脱毛期間中だけは徹底した紫外線対策が必要不可欠というワケ。

→日焼けをしても、SHRだけが脱毛できる理由はコチラから

【沖縄で脱毛する前に】~2種類あるUVの違いについて~

そもそも、紫外線量は大きくわけて2種類あります。
ビーチやレジャーで気をつけたい「UV-B」と、室内でも入ってくるしつこい「UV-A」。

違いは以下のとおり↓

UV-B UV-A
肌がすぐ黒くなる ×
あとから黒くなる
老化
肌へ影響 ヒリヒリと赤く炎症する 肌の奥へ侵入しシワやシミ、
弾力を奪う
オゾン層 通りにくい 通りやすい

UV-Bは、オゾン層を通りにくいのに対してUV-Aは通りやすい性質をもっています。
またUV-Aは、曇りや窓ガラスも通りやすい性質をもっているため、部屋のなかにいても知らず知らず肌に影響を与えているUVなんです。

沖縄は紫外線量が多いため、出かける予定がなくても、朝起きて洗顔後には日焼け止めを塗る習慣をこころがけましょう

UVクリームの選び方について

UVクリーム
沖縄では、コンビニでも年中UVクリームが販売されています。
数値が高ければいいと思っていませんか?

海水浴やプール、レジャーでは高い数値が好ましいですが、毎日つけるUVにはその必要はありません。また、UVクリームはコマ目に塗り直すことがポイント。UVクリームは日頃から常備しておきましょう。

またUVクリームはシーン別にSPFとPAを使い分けて◎

・UV-B(レジャーなど外出時)⇒SPF
・UV-A(室内やちょっとした買い物など)⇒PA

色々できる!UV対策について

紫外線対策
紫外線対策はUVクリームだけではありません。

ほかにも日常でできる紫外線対策をまとめてみました。

・ちょっとした買い物や仕事へも日傘をさす
・運転時は手袋をつける
・ツバが大きめの帽子をかぶる

最近ではネットでも可愛い日傘や手袋も安価ででまわっています。
また日傘の使用期間の目安は約2年。それ以上たっているものをお持ちの方は、劣化している恐れがあるため、買い変えていきましょう。

また帽子もファッションと並行することで、見た目にもオシャレにUVケアできます◎
日頃の小さなことから積み上げて、お肌を紫外線から守っていきましょう!

沖縄で脱毛するならSHRがオススメ!

沖縄で脱毛するなら、日焼け肌や色黒でも脱毛できるSHRがオススメです。
もちろん、SHRであっても脱毛期間中の過度な日焼けはしないようにUVケアをこころがえていきましょう!