沖縄で医療レーザー脱毛と光脱毛を徹底比較!

女性がカメラ二を向けている
女性同士で脱毛について話をしていると、
医療レーザー脱毛だと効果が早いけど痛かった」「光脱毛でも早く脱毛終わったよ」など色々な体験談がありすぎて「どれが本当なの?」と疑問に思うことも多いです

ここでは、そんな疑問に答えて医療レーザーと光脱毛の違いを徹底比較していきます。
また光脱毛も最新機種が出てきたので、合わせて表にまとめてみました。

全身脱毛をした場合の医療と光脱毛・SHRの違い一覧

例:全身脱毛 医療レーザー脱毛 従来の光脱毛
(IPL,SSC,シルキーライトなど)
最新の光脱毛
(SHR)
相場の金額 平均45万円前後
(約5回分)
平均30万円前後
(約12回分)
平均18万円前後
(約12回分)
痛み 我慢できる程度の痛み 輪ゴムでパチンとはじかれたような痛み あたたかい程度
脱毛完了期間 約1年半~2年
(約8回~10回)
約2年~3年
(約14回~16回)
約半年~1年
(約13回~15回)

医療レーザーのメリット

女性の濡れがみと肩

1回の効果が光脱毛より高い

医療用の機械なので、照射パワーを光脱毛よりあげることができ、1回あたりの脱毛効果が高いことで早く脱毛が完了します。
レーザー脱毛を支持している人の多くは、この高い脱毛効果が魅力で通っている人がほとんど。

お肌がきれいになる

もともと医療レーザーは、シミやそばかすが出来てしまった人にむけて開発された機械を応用してできた機械。

脱毛するときにメラニン色素やシミ、そばかすを破壊することで、美肌効果が期待できます
肌色があかるくなった」「キメが整ってきた」との声は多いです。

デメリット

ピンクのティシャツの女性

・医療用のため機械自体が高いため料金が割高

医療用で開発された機械のため、本体自体が光脱毛と比べて割高です。そのため、わたしたちが利用する金額も、必然的に高くなってしまうという仕組みです。

・照射パワーが強いので痛みを感じやすい

部位にもよりますが、とくにVIOを施術すると激しい痛みを感じたという人は多いようです。人によって、部位ごとに医療用レーザーと脱毛サロンで分けているという声も。

・肌負担があるので肌荒れしやすい

照射パワーが光脱毛よりも大きいため、お肌に負担がかかり、乾燥した状態で不衛生にしていると毛嚢炎という皮膚炎になってしまうこともあるそうです。

医療レーザー脱毛は痛い?

女性同士で話をしていると、医療レーザーは痛かったとよく耳にします。

それはなぜでしょうか?
疑問に思って調べてみた結果、光脱毛よりも医療用レーザーの照射パワーが強いため、脱毛初心者の「毛」がたくさんある状態で施術をすると、激しい痛みを感じやすいようです。

また照射パワーが強いので、施術中に焦げ臭いを感じ不快になったという声も。

医療レーザーはメラニン色素に反応するため、VIOのデリケートゾーンなど毛がより丈夫な場所は脱毛経験者でも痛みを感じやすいようです。

まとめ

ワンピースの女性と木と花束
医療脱毛レーザーも、クリニックによって取り扱い機種がちがうため、多少の違いはあります。
しかし光脱毛と比べると、1回の施術が高い傾向にあるのは確かなようです。

初心者でワキや膝下など見えるところは医療レーザー、敏感なVIOデリケートゾーンの脱毛は光脱毛をしてもよさそうですね。

最近では、新しい光脱毛としてSHRも出てきました。
医療レーザーと従来の光脱毛のデメリットを改善しているので、脱毛を早く完了して、コストも医療よりは押さえたいという人にはオススメな脱毛方式です。