【沖縄女子必見】うぶ毛まで完全オフ!SHR脱毛

背中を剃られている
ワキやヒザ下の見える部分の脱毛が完了してくると、「どうせなら、気になる産毛まで脱毛しよう!」と考える沖縄の女性はここ数年でグッと増えてきました。しかし薄いはずの産毛が「濃くなってない!?」と、光脱毛の種類によっては硬毛化の危険性があることをご存知でしたか

ただでさえも沖縄の女性の産毛は、濃い傾向にあるといわれています。おでこや眉毛付近、口上の顔周り、うなじや背中にかけての産毛を自己処理した経験者も多いはず。では硬毛化を避け、効果的に脱毛完了するにはどうすればよいのでしょうか。産毛まで脱毛できる、最新光脱毛「SHR(スーパーヘアーリムーバル)」の魅力に迫ります!

産毛が脱毛できる!SHR脱毛とは?

SHR光脱毛と従来の光脱毛を比較
SHR脱毛 従来の光脱毛(IPL)
作用 ・毛包にアプローチ(発毛因子)
・メラニン色素に反応
・メラニン色素に反応
照射方法 連射式 1度に強い光を照射
ショット数 1000本10秒 100本10秒
痛み 暖かい程度の痛み ゴムでパチンとはじく程度の痛み
毛周期
従わない 従う

沖縄県内では、従来の「IPL」を用いて脱毛しているサロンがほとんどです。
従来と比べて、どう効果が期待できるのか詳しく見ていきましょう!

SHRの脱毛の仕組み

従来とshrの比較
SHRの最大の特徴が、「連射式」という点です。
弱い光を連続して同じ箇所にあて、じわじわと毛包全体を温めていきます。そのためバルジ領域と呼ばれる、毛の発毛因子にも熱が60℃ほど蓄熱され、ダメージを与えることが出来ます。
これにより、今生えている毛これから生えてくる毛の両方に作用するわけです。

それに比べて従来の脱毛法(IPL)は、1度に強い照射熱を毛根(メラニン)に与える脱毛方法になります。そのため、メラニンを豊富に含んでいる成長期の毛にダメージを与えるため、主に今生えている毛が脱毛されていきます。

蓄熱式だから痛みが少ない◎

通常、脱毛時の痛みはメラニン色素へダメージを与えることや、強い照射熱により肌負担がかかることで感じると言われています。そのためメラニン色素へダメージを与える従来の脱毛法では、パチンと輪ゴムほどの痛みを感じることがほとんどでした。

その点、SHRは連射式で弱い光を細かくあてていくため、じんわりと温かさを感じる程度というわけです。
ワキやVIO等とくに濃く太い毛が生えている箇所へはオススメの脱毛方法になります。

毛周期に関係ないから脱毛完了が早い!

SHR光脱毛と従来の光脱毛を比較(全身脱毛の場合)
SHR脱毛 従来の光脱毛(IPL)
通う頻度/年間 約20~24回 約4~5回
脱毛完了回数 約12~13回 約13~15回
脱毛完了期間 約4ヵ月~1年 約2~3年
施術時間 約12分(理論値) 約120分

毛周期に関係なく脱毛できるSHRは、年間に施術出来る回数が圧倒的に多いということが分かります。これにより、従来のデメリットであった脱毛完了までに約2~3年かかる点が解消され、最短で4ヵ月で終了出来るというわけです。
また通う頻度については、毛が抜け落ちる頻度の約2~3週間を目安に通うことが理想とされています。

さらに連射式で照射していくため、全身脱毛で約12分(理論値)という驚異のスピード脱毛が実現しました!

どんな肌質・毛質も脱毛できる◎

SHRは従来では不可能だった、日焼け肌や地黒でも脱毛することが出来ます
なぜなら、メラニン色素のみに反応する従来の脱毛法とは違い、バルジ領域にもダメージを与えることが出来るからです。そのためメラニン色素を含んでいる、ホクロ乳輪周り色素沈着した肌日焼け肌産毛剛毛など、どんな肌質&毛質の方でも脱毛できるというわけです。沖縄の女性は剛毛や色黒が多い傾向にあるため、SHRは嬉しい脱毛方法。

産毛が脱毛できるのはSHRだけ!
産毛はそもそも毛が薄く、メラニン色素が薄いため、従来のIPLでは脱毛が不可能でした。それが、SHRならメラニン色素だけでなく、毛の発毛因子であるバルジ領域へもダメージを与えるため、脱毛できるというわけです。

そもそも産毛はなぜ生える?

足のアップの写真

お肌を紫外線やほこり、殺菌などから身を守ってくれる
・熱からお肌を守ってくれるので、老化防止になる
・うぶ毛の生えかわりと同時に、毛穴を掃除してくれている

現代だからこそ、女性の間で悪者扱いされてしまう「うぶ毛」ですが、本来はお肌を守るという重要な役割があります。
うぶ毛の効果を知ると、脱毛しないほうがいいのでは?とも感じてしまいますが、現代では、お肌を守るために日焼け止め日傘サングラスなど紫外線予防グッズが充実しています。これらを有効的に利用し、お肌を守りましょう。

産毛を処理するメリット

産毛を脱毛すると以下のような嬉しいメリットが!

お肌のトーンがアップする
うぶ毛もメラニンを含んでいるため、黒色です。それがなくなるだけで、全体的な肌色がワントーン上がってみえます。

毛穴がしまり、キメ細かい肌へ
毛がなくなると、毛穴自体もしまり見た目にもキメが細かいなめらかな肌色へ。

自己処理から解放される(肌トラブルも改善)
うぶ毛の自己処理から解放されるだけでなく、自己処理のときに起こる皮膚の摩擦なども解消され肌トラブルも解消されます。

色素沈着した肌が改善される
自己処理のしすぎで起る色素沈着。カミソリなどの摩擦がなくなるだけで、色素沈着した肌もターンのオーバーとともに、ゆっくり改善されていきます。

化粧水やボディクリームなど吸収されやすく潤いの肌へ
化粧水やボディクリームなどが、スッと肌になじむ状態に。今までやっていたスキンケアもグッと効果があがります。

お化粧ノリが良くなる
肌表面の毛による凹凸がなくなると、お化粧ノリもよくなります。肌トラブルも軽減されているため、浸透力もアップ!

産毛の処理はみんなどうしてる?

産毛の自己処理は、顔周りや背中ともに、カミソリでの自己処理が一番多いという結果に。
脱毛サロンへ通い出してから、ついでに顔や手、背中を脱毛する方が最も多いようです。眉毛など、部位によっては、ピンセットで処理している方もいますが、脱毛が完了すると、定期的な自己処理がなくなるメリットは大きいようです。

産毛を脱毛したら硬毛化した!?

うぶ毛の脱毛をはじめた、約10%の人が「硬毛化」という毛が濃くなる現象があります
メラニン色素に反応して脱毛する従来の光脱毛だと、本来は細いうぶ毛が、逆に毛穴が活性化して毛が太く成長してしまった結果、硬毛化やそれにより毛が増えたと感じる、多毛化が起きてしまうからです。

硬毛化した毛はどうすれば?

一度、硬毛化した毛を治すことはできません
脱毛サロンによっては、硬毛化した毛を脱毛するために保証があるサロンもあります。しかし従来の光脱毛では、一度硬毛化した毛は、回数を重ねなければ脱毛することが出来ません。そのため硬毛化を防ぐためにも、光脱毛の種類を知ることは大切なのです。

SHRでムダ毛を完全脱毛!

左足を触る女性
SHR脱毛で今まで不可能だった「産毛」も脱毛出来ます。産毛だけでなく、どんな肌質にも対応できるため、今まで脱毛を断念してしまっていた方へもオススメの脱毛法です。痛みも少なく、肌負担も軽減されている画期的な光脱毛SHR」を是非体験してみましょう

沖縄のオススメSHRランキングはこちら