沖縄のVIO脱毛事情!みんなはどうしてる?

友人同士でも、恥かしくて聞きづらいVIO事情
そんなVIO脱毛ですが、沖縄だけでなく全国的に右肩上がりなんです。

すでに全身脱毛が終わっているという方でも、VIOだけ脱毛を契約し直すというのも多いとの情報をキャッチ


など、口コミでもVIOに関心があることがうかがえる投稿がズラリ。

そんな世間の反応から、大手サロンだけでなく個人サロンでも全身脱毛プランにVIOを入れているところも増えてきました。ココからはそんなVIOについて、もう少しみていきましょう。
 
 

沖縄VIO事情!脱毛するタイミングや動機について

VIOを脱毛するタイミング
VIOを脱毛するタイミングや動機は、年齢別で分かれる結果に。

20代
「全身脱毛と一緒に契約した」「姉からのアドバイスではじめからVIOも一緒にやっています」など、初めて脱毛をスタートする若い世代は、はじめからVIOも一緒にやってしまうという方が多いようです。

30代
「全身脱毛は完了してるけど、VIO組み直しました」「部分脱毛にVIOを一緒に契約しました」「毛の量だけ減らしたくてVIOだけ脱毛してます」など、20代で脱毛を完了している30代は、改めて契約しなおしている方がおおいようです。

40代
「介護うけるときを想定してVIOしようと一大決心!もう少しでハイジニーナになりそう」「将来のことを考えて、デリケートゾーンの脱毛を契約しました」など、40代になってくると、介護や清潔面の部分から脱毛を決意する方が多いようです。

VIO脱毛はデリケートゾーンを清潔に保てる!メリットについて

VIO脱毛には、以下のメリットが。
 

・ムレないから臭わない!清潔感バツグン
・自己処理いらずで楽チン!水着や下着からニョロと毛がでない

デリケートゾーンはムレやすいため、雑菌が増えやすく生理のときなどは臭いもこもりやすい傾向に。脱毛することで、それが改善されたという方は多かったようです。
また、自己処理によって「Vラインの毛が増えてしまった」という方でも、水着や下着を着るのが楽になったとの声が多数◎

「VIO脱毛したいけど痛そう」VIOのデメリットについて

最近では、海外の影響から若い世代を中心に人気のデリケートゾーンの脱毛ですが、多くの方が不安要素であげているのが、痛みについて。
みんなの口コミをチェックしてみましょう。

やはり、VIOは毛が太く濃いため照射熱で痛みを感じる方が多いよう
最近では医療脱毛では麻酔を使うクリニックや、サロンではSHR光脱毛で痛みを感じにくい最新機種での脱毛が人気です。

【VIO脱毛】剃り残しに注意!自己処理について

Vラインを自己処理するにはどうすれば
VIO脱毛をするときでも、全身同様に施術前にムダ毛を自己処理しなくてはいけません

サロンによっては剃りの残し部分の施術はしないところや、施術自体ができない場合も。
とくにお尻のO部分の剃り残しは多いようですが、見えない箇所のため、自己処理が難しいのも事実。そんなVIOの自己処理のポイントをまとめてみました◎

・毛を剃る前に保湿をする

毛を剃るまえに肌の保湿をしっかりしておくと、摩擦で痛めてしまうということがありません。

・長い部分はハサミでカット!

剃る前に、長い毛をハサミでカットしましょう。毛が長すぎると、すぐに刃に毛が巻き込まれてしまうため、あらかじめ短くしておくことがポイント

・電気シェーバーでツルツルに

デリケートゾーンの肌はとっても敏感。カミソリでは刃で肌を傷つけてしまいやすく、毛嚢炎のリスクも高まります。VIO専用の電気シェーバーだとそりやすくてオススメです。

・Oラインなど見えない箇所は指と手鏡でチェック!

とくにOラインは見えづらいため、剃り残しが多い箇所でもあります。指先の感覚と、最後に手鏡で確認していきましょう

VIO脱毛はハイジニーナだけじゃない!

VIO脱毛はなにもツルツルなハイジニーナだけではありません。
毛質をやわらかく、毛の量を少なくすることもできます
また、形もいろいろと選べるため、カウンセリングの段階でエステティシャンに相談してみると安心して施術をうけることができます。

ワキ脱毛のように、VIO脱毛はもう常識という時代はもうすぐかもしれません。
脱毛前はポイントをおさえて、剃り残りに注意しましょう