光脱毛のデメリット!?お肌が毛嚢炎(もうのうえん)に!?

デニムをきた女性が足を組む様子
脱毛をしてお肌をツルツルにするつもりが、ニキビのような赤いぶつぶつができてしまった

この症状をニキビだと思っている人は多いですが、毛嚢炎という皮膚疾患です

ムダ毛の自己処理や、体調によってもおこるといわれていますが、

あなたの現在の肌状態は大丈夫ですか?

症状や治療法、対策をチェックしてお肌をキレイに保ちましょう!

毛嚢炎とは?

皮膚が赤くぶつぶつした症状が出た場合は、毛嚢炎である可能性が高いです

ニキビによく似た見た目をしていますが、細菌の種類も異なり、まったく別の皮膚疾患。はじめは湿疹のような小さなブツブツで、痛みやかゆみはほとんどありませんが、ひどくなると化膿して痛みや熱をもつこともあります。

菌の種類 症状 できやすい箇所毛嚢炎
毛嚢炎 ・黄色ブドウ球菌
・表皮ブドウ球菌
・毛穴の中に芯がない
・周りが赤く腫れている
・乾燥した箇所
ニキビ ・アクネ菌 ・毛穴の中に芯がある
・周りが赤く腫れていない
・皮脂が比較的多い箇所

<原因>

毛嚢炎は外部からの刺激によって、毛穴に細菌が入りこみ炎症がおきるといわれています。

ムダ毛のあやまった自己処理や、医療レーザーなど、強い刺激が加わるとなりやすいとも。

また体調次第によっては、光脱毛などの弱い刺激でもお肌は敏感になり、菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうことも原因の一つにあげられます。

<毛嚢炎になりやすい部位>

毛嚢炎になりやすい部位は、太い毛が生えやすく蒸れやすい場所。

VIOのデリケートゾーンやワキなどの、熱がこもりやすい場所で、毛嚢炎ができやすいです。

<治療>

基本的に、自然治癒できる皮膚疾患で、平均して一週間ほどで症状が治まることが多いです。

しかしVIOなど、デリケートゾーンに出来た場合は、それが性病である可能性もゼロではないため、自分で決めつけずにおかしいなと感じたら一度、病院で診察をうけましょう

デリケートゾーンなら婦人科へその他の箇所であれば、皮膚科で受診してください。

<対策>

ベッドでパソコンを触る女性

・正しい自己処理をする

原因にもあるように、毛嚢炎の原因であやまった自己処理をすると、毛穴に菌が入り込み赤いぶつぶつができてしまいます。とくに毛抜きで毛を抜くことで、毛根部が傷つき肌のバリア機能が低下してしまうため、ブドウ球菌が入り込みやすくなります。

できるだけ自己処理をしないほうがいいのですが、そうはいきません。
どうしても自己処理をする場合は、間隔をあけて処理するなど、出来るだけ肌の負担がからないようにしましょう。

・清潔にする

汗をかいたあとなどは、こまめにシャワーを浴び、洋服を着替えるなどして、できるだけ清潔に保っておきましょう。

お肌が湿った状態で放置すると、毛嚢炎の原因である、ブドウ球菌が繁殖しやすい状態になるそうです。また生理中などはとくに、下着やナプキンなど通気性のよいものを選び、ムレを防ぐことも効果的です。

・正しい生活習慣

不規則な生活習慣をおくっていると、体全体の免疫力が低下して、毛嚢炎だけでなくさまざまな皮膚トラブルが起こりやすくなります。

睡眠や正しい食生活を送ることで、免疫力を高めることができます

まとめ

窓際にコーヒー
「はじめて毛嚢炎を知った」という人も多いかとおもいますが、意外に身近に起こりうる肌トラブルです

自分は大丈夫と過信しすぎると、「重度まで症状が悪化してしまった」なんてことも。

清潔なお肌の状態を保つだけでなく、生活習慣の見直しをして、よりキレイなお肌を目指しましょう!