沖縄でブラジリアンワックス脱毛体験!光脱毛との違いとは

瓶の中にワックスがある
最近、ブラジリアンワックス脱毛が、沖縄の健康志向の女性の間で人気上昇中です。
ブラジリアンワックスは、古代エジプト時代から使われているオーガニックな脱毛方法で美肌効果もあり安心・安全

日本で始めて有名になったのは、アメリカのテレビ番組がキッカケです。メラニン色素の薄い欧米人は、ワックス脱毛でキレイにムダ毛を処理している人が多いようです。逆にメラニン色素の多い日本人は、色素によく反応する光脱毛が主流なので、ブラジリアンワックスについて、まだよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

ここでは、光脱毛とブラジリアンワックスの違いについて、比較してみました

ブラジリアンワックス SHR光脱毛
脱毛方式 ハチミツベースのワックスで脱毛する方式 連射式脱毛機を使った脱毛方式

※今回は最新光脱毛SHR方式で比較しています

ブラジリアンワックスとは

ソフトワックスの画像
ハチミツをベースにしたワックスをお肌に塗り、シートを貼って剥がすことで脱毛していきます。
自分でやる派とサロン派で分かれますが、沖縄ではサロンでやる派の人が多いようです。

脱毛する毛の長さを1センチ以上伸ばす】
ワックスで剥がすという脱毛方式なので、皮膚の表面にセンチ以上の毛が生えていないと効果が得られません。

ワックス脱毛メリット

・その場で一気につるつるキレイになる
・ワックス自体にピーリング効果があるので美肌になる
・VIOなどお試しで脱毛することができ、また生やすことができる

ワックス脱毛デメリット

・毛質は変わるけど、永久脱毛ではないのでまた生える
脱毛直後に出血する
埋没毛(埋もれ毛)

ブラジリアンワックスをするときの、一番のデメリットが埋没毛ではないでしょうか?

毛根から毛を抜くブラジリアンワックスは、毛穴がカサブタや古い角質で塞がれ、次に生えてくる新しい毛が外に出られず、皮膚の下に埋もれながら生えてしまう埋没毛になりやすいようです。

埋没毛になると、毛嚢炎になる場合もあるため事前の対策をしましょう

【埋没毛の対策】
1.化粧水で保湿
ワックスあとのお肌は赤い鳥肌状態になっている人が多いです。
そのため、はじめの1週間ぐらいは化粧水を塗って、表面をうるおし皮膚の状態を落ち着かせましょう
2.一週間後から油分を使った保湿にする
いわゆる乳液や、保湿クリームを使ったお肌の保湿方法です。
ワックス脱毛直後にクリームを使ってしまうと、油分に反応してお肌が荒れてしまう原因をつくってしまうため、肌状態が落ち着いてからクリームを塗って保湿をしましょう。
3.スクラブをはじめる
埋没毛を防ぐために、保湿クリームと同じタイミングで、一週間に1~2回ほどワックスしたお肌にスクラブをして、埋もれ毛の原因である毛穴が塞がれること防ぎます

施術の痛みについて

ワックスでビリっとやるイメージから、激しい痛みをイメージしそうですが、意外にもワックス脱毛経験したほとんどの人が、「思ったよりも痛みを感じなかった」「剥がす瞬間がクセになってきた」と話す方が多いです。

SHR光脱毛とは

女性が海辺で背伸びをしている
お肌に冷たいジェルを塗り、脱毛機械でメラニンとバルジ領域に作用し脱毛していきます。

連射式になっているので、10秒間の間に1000本も光が出ており、施術時間も従来の光脱毛の10秒間に100本と比べ、短くなりました。

SHR光脱毛メリット

うぶ毛まで脱毛完了することができる
・日焼け肌、色黒、ほくろなどメラニン色素に関係なく脱毛できる
・毛周期にかかわらず脱毛出来るので、最短4ヵ月で脱毛が完了する
自己処理から解放される

SHR光脱毛デメリット

・沖縄県内で取り扱いされている脱毛サロンが少ない
・最新の脱毛方式であるため、口コミが少ない

施術の痛みについて

暖かさを感じる程度で施術できます
メラニン色素に反応する「従来の脱毛方法(IPLなど)」では、輪ゴムではじかれたような痛みを感じる人が多かったようです。
SHR光脱毛だとメラニン色素に関係なく、毛包(発毛因子)全体に反応するため、痛みをほとんど感じません

まとめ

いかがでしたか?
沖縄県内でそれぞれお店も増えてきました。
それぞれのメリット・デメリットがはっきりしている分、自分に合った脱毛方法を選びましょう